メンズ

遺伝との関係性|若ハゲという症状が起こる理由

若年性脱毛症とaga

医者

近年は20代から薄毛になる若ハゲが多くなりました。厳密な用語では若年性脱毛症と言います。遺伝や男性ホルモンの影響で毛髪サイクルに異常が起こることが原因です。こうしたaga症状に対して効果があるのがaga治療です。年齢は基本的には関係ありません。

詳しくはこちら

髪のボリュームを増やす

頭

育毛剤を使うこと

若ハゲとは、若いのに抜け毛が多くなりハゲが出来る症状のことを言います。若ハゲは、早い段階で治療を始めることが望ましいので抜け毛が気になり症状が続いたり悪化するようであれば、対策を取っていく必要があります。若ハゲの要因としては、遺伝やもともとの体質、不規則な食生活などが考えられます。バランスの取れた食生活を送り睡眠や運動を心がけることも大切ですが、その他にも育毛剤を使うことが大切になります。育毛剤は若ハゲの症状が出始めた早い段階で治療を始めると良いと言われています。育毛剤は、血行を促進するものなのか男性ホルモンを抑えるためのものか、頭皮を整えるものか自分の症状に合わせて選ぶようにすると良いです。

脱毛症の種類を知る

若ハゲにも種類があり、自分がどのタイプの若ハゲであるかを知る必要があります。代表的なタイプには、生え際からどんどん抜け毛が進んでいくM字型、頭頂部にあるつむじ部分から毛が抜けていくO字型、額から徐々に後退していくU字型などがあります。これらの状態がどの程度進んでいるのかを知り、それに合わせて対策を取っていく必要があります。若ハゲは、ストレスが関係して起きる円形脱毛症もあれば男性ホルモンが分泌され過ぎることで起きる男性型脱毛症、頭皮の汚れの影響で起きる粃糠性脱毛症などがあります。考えられる原因を知り、症状に合わせて対策を取っていくことで初期段階であれば特に早く健康的な髪にすることが出来るようになります。

男性ホルモンは遺伝する

うつ伏せになる男性

薄毛は男女ともに悩みが多いものです。ストレスや食生活を見直し、薄毛の原因を探ることが大切です。発毛剤や育毛剤を使ってみたり、シャンプーの時に髪を傷めないようにすることや、紫外線対策などを行い、ダメージを少なくすることを心がけましょう。

詳しくはこちら

洗顔時は生え際に注意

鏡を見る男性

治すのが難しいとされる生え際の薄毛は、洗顔方法を見直すことで予防できるでしょう。洗顔料のすすぎ残しがないよう注意し、洗顔時にはタオルなどで生え際を保護すると安心です。また、肌に刺激の少ない洗顔料を使うのもよいでしょう。

詳しくはこちら