男の人

遺伝との関係性|若ハゲという症状が起こる理由

男性ホルモンは遺伝する

うつ伏せになる男性

ストレスや食生活も注意

薄毛は男性の長年にわたる悩みの一つですが、今では男性だけではなく女性も悩んでいる人が多いのです。薄毛の原因は様々ありますが、男性ホルモンによるものがあります。男性ホルモンの分泌量が多いと、髪の毛の成長を抑えてしまい、薄毛や抜け毛の原因になっていると言われています。男性ホルモンの分泌量の多さは遺伝すると考えられていて、親が薄毛の場合子供もそうだという傾向にあります。男性ホルモン以外にも、乱れた食生活をしている人も抜け毛が多いということがわかっています。肉類や脂質が多い食事を摂りすぎると、抜け毛や薄毛の原因になります。特に亜鉛が不足すると、細胞分裂や細胞の再生が滞り、髪の毛の成長が遅くなったり抜け毛などの原因になります。

ヘアケアも気を付ける

ストレスが多い生活も髪の毛に影響を与えます。ストレスにより血管が収縮して細くなると毛根に栄養がいきわたらなくなります。特に円形脱毛症などの症状では、ストレスが原因でおこるものと考えられています。ストレスをためない生活を心がけることも大切です。また、女性ではパーマやヘアカラーなどを繰り返すことにより、髪の毛が痛んだり毛根が弱くなります。シャンプーのしすぎや、すすぎ不足なども地肌を痛めることになります。紫外線も髪の毛にとって大敵と言えます。長時間紫外線を浴びてしまうと、キューティクルが傷んでしまい薄毛や抜け毛につながります。外に出る時は帽子や日傘などで髪の毛が直接紫外線を浴びないよう守ってあげることが大切です。