男の人

遺伝との関係性|若ハゲという症状が起こる理由

若年性脱毛症とaga

医者

若年性脱毛症

若ハゲで悩む男性が多くなっています。40代や50代から髪の毛が薄くなることは普通のことですが、20代男性にもかかわらず薄毛で悩む人が増加しているのです。この原因はストレスの蓄積や不規則な生活習慣を送っていることが挙げられます。こうした若ハゲのことを若年性脱毛症といいます。この症状の場合は明らかに毛髪のサイクルに異常が発生しています。育毛剤や育毛サプリメントを使ってもなかなか効果がないのはこうした理由によります。これらは血行改善を促進するものであり、毛髪サイクルに影響を与えるものが少ないのです。このような髪の毛の根本的な原因を見極めた上で治療を行う必要があります。その治療法にaga治療があります。

agaと年齢

若いうちから薄毛になる症状のことをagaと言います。agaは直接的には遺伝や男性ホルモンの影響が主原因です。こうしたagaの症状に対して根本的な解決になってくれるのがaga治療というわけです。aga治療薬として開発されたプロペシアが処方されることがほとんどであり、実際に非常に高い効果があります。ちなみに、このaga治療に年齢は基本的には関係ありませんが、未成年には処方できないことになっています。これは発育上の影響が出る可能性があるために、そのような配慮がなされています。実際に治療を受ける人のほとんどは20代から30代であり、治療を受けた9割以上の人がその効果を実感しています。若いうちから対策をすることをおすすめします。