男の人

遺伝との関係性|若ハゲという症状が起こる理由

洗顔時は生え際に注意

鏡を見る男性

洗顔料が生え際に付着

一口に薄毛と言っても幾つかのパターンに分けられますが、その中でも最も改善が難しいのが生え際が後退するタイプです。頭頂部や側部のボリュームに比べて前頭部が明らかにボリュームダウンするタイプを指すものですが、これを引き起こす要因の一つに誤った洗顔方法がある事をお伝えします。洗顔は日常生活の中で朝と夜の二度行うという方が多いです。その際に、洗顔料が生え際にまで付着してしまう様な洗い方は後々薄毛の原因になる可能性がある事を覚えておきましょう。そもそも洗顔とは読んで字のごとく「顔を洗う」ためのもので、髪の毛を洗うためのものではないからです。当然、洗顔料は頭皮や髪の毛を洗うには適していません。生え際は敏感な部位でもあるので、洗髪に適していない洗顔料はいわば異質な存在なのです。製品によっては刺激が強すぎて生え際に良くないケースもあります。

頭にタオルを巻こう

更に問題となるのは、生え際に付着した洗顔料を綺麗にすすぎ落とせなかった場合です。洗髪後のすすぎ残しが毛穴を詰まらせ、そして薄毛に繋がる可能性があるのと同様、生え際に残った洗顔料にも同じ事が言えます。額は油分によるテカリが気になる部位であるため念入りに洗おうと試みる方が多いのですが、額の隅々まで洗顔料を行き渡らせようとして生え際に接してしまう事があります。額を洗う際にはその点に注意しましょう。対策としては、顔を洗う際にはタオルを頭部に巻いて髪の毛を守る方法があります。これならば生え際に洗顔料が付着する事も無いので安心です。先にも述べたように、生え際の薄毛は改善が難しいため、そうならないようにする予防策の方が大切であると言えます。